読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンゴジの感謝と謙虚を忘れない。

感謝と謙虚がとても大事だとおもいます

20160829 新しい壁

あれからどうなったか。

最初の壁はなんとか乗り越えました。

いろいろ苦しかったし、いろんな人に結果として迷惑をかける形になりましたが、とりあえず越えました。

 

しかし、壁は乗り越えたら次が待ってるもんなんですね。

次はさらに、高い壁です。

 

具体的にいうと、

自分は今アルバイトをしながら、空けた時間で祖父母と母の病院への送り迎えや、その他買い物やら何やらかんやらをやっています。

なので、就職してません。時間がとれないから。

もちろん、自分と一緒に父も同じように面倒をみていますが、父はもともとフルで働いていますから、平日に病院に連れて行ったりをすることは難しいんです。

なぜこうなったかというと、祖父母や母が病院に通う必要ができたときに、ふらふらしていた(正確にはバイトもせず勉強していた)自分が自然と送り迎えなどするようになって今もそのまま続いているという感じです。

 

弟は二人いますが、兄貴として、二人に面倒を任せてしまっては自分が許せなく、また、二人が自分と同じような状況になってしまうのが嫌だからです。なので二人は基本的に好きに生きています。よっぽど人手が足りないときにだけ頼むというが形です。

 

しかし、このような状況は自分が就職しないただの言い訳なんですね。

祖父母が、母が、弟がという周りが聞いても納得するような理由、言い方で、

『だから自分は就職できないんだ。仕方がないんだ。』

と言い続けてきました。自分を自分でごまかしてきたんです。

 

このような状況で、たった独りだけ、真正面から

『そんなのただの言い訳にしか聞こえない』

と言ってくれた人がいます。

それが彼女です。

ああ、この人は本気で自分との将来を考えてくれている。

ああ、この人だけだ。俺を逃げから救ってくれるのは。

そう思いました。

言い訳を鋭く突いてくれて目が覚めました!ありがとう!

 

で、今、真剣に考えています。どうしたらいいのか。

 簡単な選択肢は

1 母や祖父母のことは、頼れる人や、頼れる方法を探して任し、自分はフルで働く就職先を探す。

2  これまで通り自分ができることはしながらも、フルに準じるくらい働ける就職先をさがす。

3 自分のことに多少理解のある今のバイト先で社員になって希望額がもらえるように働く(なかなか大変)。

4 その他

 

この他にもいろんな条件がでてきて、

例えば、奨学金の返済が始まるとか、自分は法律の勉強をしてはやく資格を取りたいとか…

 

何を優先して、なにをあきらめて、どう生きていけばいいだろうか、本当になやんでいます。

 

一番は彼女と結婚して、そして一緒に前を向いて生活していくこと。これが最も優先するべき望みです。

そこに母など家族との関わりをどれだけ食い込ませられるか、自分のやりたいことはどうするか、どう両立していくか。

 

かんがえています。