読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンゴジの感謝と謙虚を忘れない。

感謝と謙虚がとても大事だとおもいます

リザとキツネと恋する死者たち

リザとキツネと恋する死者たち Blu-ray

こんな映画初めて観た…とんでもなさと、素晴らしさが折り混じってよくわからん!

あらすじ

1970年代のハンガリーブダペストで、30歳まで世間を知らずに元日本大使の夫人の看病を続けてきたリザは、夫人の影響もあって大の日本大好きっこ。
その誕生日に夫人から許可をもらい素敵な出逢いをもとめて外出するが、次々と人が死んでいく…


感想
いや、ただの恋愛映画ではありません。

物語のキーとなるのは対称的な二人です。
まず、リザにだけ見える日本人歌手のトニー谷(幽霊としておきます)ですが、こいつがまた、カチッとした髪型で、黒縁メガネ、かっちりスーツを着たふるーい歌手でいい感じなんです。イケメンなんですがね。

こいつが拙い日本語で(すくなくとも流ちょうではない)歌を歌うんです。いや唄うと言った方がしっくりくる。

対して、もう1人は、周りで人が死にまくるリザを捜査するためリザの家の空き部屋に間借りした巡査 。ちなみにただのおっさん。バスタオル一丁で家の中を歩き回ったり、フィンランド音楽を大音量で聴いたり、いびきかいたり、さんざんなんです。

しかし、カッコイい。実際、トニー谷がリザの周りの人を殺しまくってたんですが、このおっさんはなかなか殺せない。
死なないんです。まさに…ダイハード!そう!ジョンマクレーン刑事なんですよ!何があっても死なない!同じかっこよさですわ。

しかも、めっちゃ良い人。

リザを巡るこの二人の対決です。

映画としてはうまくCGが使われていて、昔を舞台にしてますが、そんなことを微塵も感じさせないスタイリッシュな作りです。

そして適度について面白い。
リザが恋に走っている場面で時折挟まれる、ボロボロの家を修理している巡査と、その巡査を殺そうとあの手この手をつかってくるトニー谷のやりとりがおもしろい。
巡査のケガがどんどん増えていくのもまた見所です。

ただ、トニー谷が巡査を殺せないことをもう少し悔しがるというか、なぜ殺せないんだと驚くような表現があればなおよかったかなあと思いました。


全編に広がるゆるーい空気感と、適度なサスペンス要素、そしてしっかり感動させてくれる物語。
なんというか、観ないともったいない、恋愛映画です。



終わりに

こんな映画初めてみるわーという作品に出会う確率は年々低くなってきますが、それでもこうして出会えることは本当に嬉しいことです。

しかし、この映画を紹介してくれた人が、最近観たのはこれだって言って教えてくれたんですが、これをジャケット見ただけで借りたらしいので、素晴らしい感性をお持ちだと、すごいなぁとオレにどんぴしゃやないかと、思います。ありがとうございました。

星マックス!