読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンゴジの感謝と謙虚を忘れない。

感謝と謙虚がとても大事だとおもいます

20160628 生きていきます

去年から先輩に連れて行ってもらっていたガールズバーで、自信を持つきっかけを頂きました。
 

前回(数週間前)、何度かお会いしてる店員の方に自分の自信がない理由を話してました。 

今日もまたその話になったんですが、大丈夫、なんとかなるという言い方でこう言ってくれました。

「何でも良いから自信を一つ持てば、自信がつくよ」




たぶんこの文字面自体は何度も見たことがあります。本やらインターネットやらいろんな媒体で。

しかし、「生の人」に面とむかって「ことば」として言われたことは初めてでした。

そうなんだと、すんなり入ってきました。

これまでずっと悩んで考えていたことがバカらしかったとは思いません。

考えてきたからこそ、彼女の「ことば」が自分に入ってきたんだと思います。

誰かと話して「ことば」を身に受けるということがこんなにも力があるのかとびっくりするとともに、

何か自信を持とうと強く思いました。


そしてあまり考えずに出てきたのは、
自分は人にやさしくする、
ということについてはもしかしたら自信があるかもしれないと。
周りからよく言われているのですぐに思いつきました。

あと適度に真面目。真面目すぎず、不真面目過ぎない感じは常々想っていることです。

さらに、適度なジョーク。呆れられることが多いですが、呆れられても結果として笑ってもらうということは好きです。もちろん相手にヒットすればそれに越したことありませんが。


これらの思いついたことの良いところは、どれも人と比べることができないということです。
誰かと比べられることであっても構わないとも思いますが、
俺はこれで自信があるんだ!と言えば個々人の価値観の比較になり、まさに反論可能性のない議論になります。

と言うことでこの中から選ぶか、どれもだって思うかはこれから考えますが、とりあえずはこうします。

自分 は
「人にやさしく、適度に真面目で、時たまおもしろい」
という事に対して自信があります。

これで生きていくことができそうです。

ありがとうございました。