読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンゴジの感謝と謙虚を忘れない。

感謝と謙虚がとても大事だとおもいます

20160306

その後母は歩けるようにはなりましたが、左腕はほとんど動かないので、まだまだ入院中です。
私は先月中は大変でした。
一週目は無理なバイトをして、次の週インフルエンザにかかり、一週空けてまた一週間無理なバイトをして、
したら、九州の母方の祖母が亡くなり、車で母を連れて行ったりしたら、いつの間にか3月。

これからどうなるのか。

杖をついて歩き、左腕不随の母の生活がどうなるのか、
そんな母を支える父の生活がどうなるのか、

また
近くに住んで、主に私を頼る、
共に86歳で病院通いも多く、先が見えてきたようで、長く生きてくれるかもしれない祖父母はどうするのか。

働かない弟に対して私はどうしたらいいのか。

長年続けてきた勉強を再開する気にもなれず(これは只逃げてるだけなのか)、
どこか安定した職に就くための行動を起こすわけでもなく。

ただ近いからと始めたバイトでは仕事ができると勘違いされ、いろいろ責任を負わされ、クレームもバンバンいだくようになりました。


「死にたい」

先月93歳で亡くなった祖母はこの十年近く入退院を繰り返し、徐々に徐々に弱っていく体と戦っていました。
しかし、「頭」は死ぬ直前まで完璧とでも言える状態で、身体だけ変えられればまだまだ生きることができました。

だから、さえた頭で不自由な身体のまま生きたくないと、「死にたい」とよく言っていたそうです。
死ぬ前日に書いた最後の日記では、震えてうまくかけないにも関わらず、


「とにかく死にたいとそのことばのみ」

と読み取れる一文がありました。

しかし、その直後には、

「とにかく水分に気を使います」

と書いてました。

この日記には死と生が入り交じっているのかもしれません。


私も最近はずっとこんな気持ちです。心が特に疲れて、体も疲れて、死にたいと言う思いがあり、しかし、家族のことを考えるとそんなこと思ってられん。  

ああ。でもとりあえず、ゲームオブスローンズのシーズン3をHuluで観るまでは死ねませんが。