読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンゴジの感謝と謙虚を忘れない。

感謝と謙虚がとても大事だとおもいます

トイレット

トイレット [Blu-ray]

あらすじ

アメリカのある町の話。
「ママ」が死んだあと遺されたのは、三人の兄弟と、大きくもない家、二匹のネコ、そして、三人の祖母である日本人の「ばあちゃん」だった!


感想
全編英語なんですが、日本の映画で、日本人の監督さんで、ばあちゃんはもたいまさこさんです。

しかし!特筆すべきは若きタチアナ
マズラニーがででます!

あのオーファンブラックで大注目の彼女が日本の映画にでてるなんで、いやはや、うれしい限りで。


それはさておき、ママが死んだことでばらばらの家族が、ばーちゃんを中心にして面白く回っていきます。

まあ、言葉が少なかったり、画面が単調だったり、な映画の場合、観てる本人の感性に「笑い」や「涙」は左右されると思います。
その画面からどれだけの情報を読み取って、
どこがどう笑えてくるのか、
どこがどう泣けてくるのかなどは本人次第です。


例えば
「りんごが水に浮かんでいる」映像があるとします。

わたしはそれだけで笑えます。
(本作とは全く関係ありません)


ということで、笑える点が盛りだくさん、大爆笑映画、トイレットの紹介でした。

星四