アンゴジの感謝と謙虚を忘れない。

感謝と謙虚がとても大事だとおもいます

20170816

うまく行ったことと、

安心したこと、

うまく行かないこと、

どうしようもできないこと、

など、

様々なことが重なって、

とりあえずめんどくさくなった。

 

全てがめんどくさくい。

 

こんな始まりで申し訳ない気がするが、

なんだかんだ流されているときはブログ書かないから、仕方がない。

 

うん、つまり、いま書いてる自分は、その流れの中が生きにくいということなのかもしれない。

流れに棹さして行くのも大変だ。

 

 

今日は一日中、終わらせるか、逃げるかを考えていたが、逃げるのはもっとめんどくさいと思ったので、終わらせる方向で考えている。

どうしようかなぁ。

 

ただ、終わらせるのもめんどくさい。

なんかこう、適当なことが起きて終わるのが一番楽なのではないか。

そう思ってると、適当なことから寄ってこないだろうか。

 

たぶん、寄ってくる気がする。

こないかなぁ。

 

しかし、いくらあがいて待っていても明日が来るから仕方がない。

寝て、

起きて、

仕事に行って、

帰ってきて、

また明日を待つんだろう。

何かが寄ってくるその日まで。

 

はよ来てほしいけどなぁ。

 

はよせんと、さらに流れの中で溺れていくから、苦しくなっていくから。

 

 ただ、ひとつだけ、水面に出るための問もわかっている。

自分が、自分として、自分のために生きるたった一つの理由。

誰かのためではない、自分が生きるための理由。

譲れない、ただ、たった一つの理由。

 

これが見つかれば、息はできる。

 

寄ってくるのが先か。

息をするのが先か。  

 

幸い、考えることは好きだ。

なので、水面に出るため、つまりはもがいているのだろう。

 

さあ、明日はどうなるか。

ドラマ ウエストワールド

 

パーソンオブインタレスト好きとしてはとても気になっていた作品!!

昔の同名映画のリメイクのようです。

 

あらすじ

えーっと、どう説明したらいいのか…。

三十年くらい前にできたテーマパーク

「ウエストワールド」

開拓時代の西部がモチーフのそこには、ほぼ人間のアンドロイド「ホスト」がいて、客はそこでどんなことでもできる。

善人となって、悪を裁いても、悪人となって極悪非道のかぎりをつくしても。

欲望に任せて行動すればいい。

そんなテーマパーク内で、ホストに対する新しいアップデートをきっかけに、「何か」起こり始める…

 

感想

正直な話、観ててなんなんだ?意味が分からん!っていう感じはすごく続きます。

アンドロイドと言っても見た目は人間そのままなので、あれ?この人は人間?ホスト?どっち?と、混乱します。

 しかし、それを補うストーリー展開が飽きさせません!

あと、あんまり話すとなかなかネタバレになるので言いづらいんですけど、この人は…まじか…まじか!な展開がたくさんあります。

最後にはなるほど、そうきたか…これはなかなか考えていかないとなという疑問を投げかけてくれます。

 

いまなにかと話題のAIについて、とても考えさせられます。

AIについては、また書きたいと思ってることですが(考える人最終号での東大ロボを作った方の話を読みました。とてもすっきりします。)、

 これからありうることかもしれない。そう思います。

 

中身以外としては、ホストはあくまで機械、モノとして扱われているので、男女問わず裸のオンパレードです。これもなかなか見応えがある。グロも。

さすがHBO!かっこいいぜ!

 

さらに、有名な俳優さんもたくさん出演されています。

一番はやはりレクター博士、アンソニーホプキンスでしょうか。もう、この人の存在感がやばい!

 

こんなテーマパーク行ったら自分はどうなるんだろうか…と考えることも楽しいですよ。

 

Huluで観れますので、是非オススメです!